96年度表現論シンポジウム報告集

目 次

      表紙

1.

Cartan 型 Lie 環 
$W_{n}$
と写像半群の相互律
(Schur‐Weyl reciprocity for Cartan type Lie algebra 
$W_{n}$
)

 
  西山 享 (京都大学総合人間学部)
 
1
2. 2面体群に付随した可積分系  
  落合 啓之 (立教大学理学部)
 

7

3.

Virasore 型代数と可解模型

 
 

栗田 英資 (Univ. of Chicago), 小竹 悟 (信州大学理学部) ,
久保 晴信 (東京大学理学部) , 白石 潤一 (東京大学物性研究所)

 
(130)
4. Whittaker―新谷関数  
 

加藤 信一 (京都大学総合人間学部)

 
20
5. ユニタリ表現の制限とその応用について  
  小林 俊行 (東京大学数理科学研究科)
 
(131-141)
6. On certain small unitary representations of indefinite orthogonal groups  
 

Chen‐Bo Zhu (National University of Singapore),
Jing‐Song Huang (Hong Kong University of Science and Technology)

 
30
7.

Quantization of Poisson structures on complex Grassmannians and
some multidimensional q‐Selberg integrals

 
39
  Mathijs S. Dijkhuizen (神戸大学理学部)  
8. 複素鏡映群のヘッケ環の表現論について  
  有木 進 (東京商船大学)  
53
9. Degenerate Double Affine Hecke Algebra and 
$\mathrm{KZ}$
‐equation  
 

荒川 知幸 (名古屋大学多元数理科学研究科)
鈴木 武史 (京都大学数理解析研究所)

 
83
10. Jordan triple systems and K‐spherical functions on Heisenberg groups  
 

菊地 克彦 (京都大学理学研究科)

 
100
11. On the expression of the Harish‐Chandra C‐function of 
$SU(n, 1)$
 
 

江口 正晃 (広島大学総合科学部) , 小泉 伸 (尾道短期大学)

 
108
12. 可解リー群の holomorphically induced representation  
  井上 順子 (九州大学数理科学研究科)  
124
13. 後書き  
142