2001年度 表現論シンポジュウム 講演集

目次

      表紙

1.


$GL_{2}(F_{q})$
のある部分群による Hecke 環の構造

 
  森 義之 (Yoshiyuki Mori) 岡山理大理  
1
2. Wavelet Analysis with Lattice Basis  
  麻生 泰弘 (Yasuhiro Asoo) 作陽短大
 
12
3.

楕円型ルート系に付随したテータ関数

 
 

竹林 忠吉 (Tadayoshi Takebayashi) 日大生産工学部

 
23
4. Dual pair 
$(O_{M}, Sp_{N})$
における Capelli 恒等式
 
 

伊藤 稔 (Minoru Itoh) 京大理

 
33
5. クリフォード代数の一般化と高次カシミール作用素  
  本間 泰史 (Yasushi Homma) 早大理工
 
44
6. 量子群の旗多様体  
  谷崎 俊之 (Toshiyuki Tanisaki) 広島大理  
62
7. HEUN の微分方程式と CALOGERO 系について  
  竹村 剛一 (Kouichi Takemura) 横浜市立大理  
70
8.


$SO_{O}$

$(2, q)$
のクラス 1主系列表現に対する Siegel‐Whittaker 関数について

 
  石井 卓 (Taku Ishii) 東大数理  
91
9. ヘッケ環の表現型について  
  有木 進 (Susumu Ariki) 東京商船大  
98
10. Automorphic Forms and Harmonic Analysis on Group Manifolds
 
 

佐野 茂 (Shigeru Sano) 能開総合大、
飯田 正敏 (Masatoshi Iida) 能開総合大

 
112
11.

Intersection numbers of twisted cycles and the correlation functions
of the conformal field theory Ⅱ

 
 

三町 勝久 (Katsuhisa Mimachi) 東工大理、
吉田 正章 (Masaaki Yoshida) 九大数理

 
119
12. 
$Sp(2, \mathrm{R})$
上の Whittaker 関数と Novodvorsky のゼータ積分について
 
  森山 知則 (Tomonori Moriyama) 東大数理  
127
13. Fundamental strata for classical groups  
  宮内 通孝 (Michitaka Miyauchi) 神戸大理  
137
14. あとがき  
154